フジテレビ、345億円賠償求めライブドア提訴

 ライブドアの証券取引法違反事件で、増資の引き受けで取得した同社株価が下がり、多額の損失をこうむったとして、フジテレビジョンは3月26日、ライブドアに345億円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 フジテレビは2005年5月払い込みでライブドアの第三者割当増資を引き受け、1億3374万株を1株当たり329円、総額440億円で取得。だが証取法違反事件を受け、東証は06年4月にライブドア株式の上場を廃止。フジテレビは保有株式をUSENの宇野康秀社長に1株当たり71円・総額95億円で売却した。  フジテレビは取得額との差額・345億円と損害遅延金の支払いを求めているフジテレビはこれまでライブドアに賠償を請求してきたが、ライブドアは応じていない。23日に法人としてのライブドアが有罪判決を受けたのを踏まえ、訴訟に踏み切った
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000033-zdn_n-sci
posted by tonmin at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36922207
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。