松坂、イチローらと対決へ

米大リーグ、レッドソックスの松坂大輔投手は11日(日本時間12日午前)、当地のマリナーズ戦で本拠地初登板を果たす。7回1失点で5日のデビュー戦を白星で飾った「平成の怪物」が、イチロー外野手、城島健司捕手らメジャーの先輩に勝負を挑む。

 レッドソックスへの移籍が決まって以来、松坂が米国で対戦したい打者として真っ先に名前を挙げてきたのがイチローだった。プロ1年目、1999年5月の初めての顔合わせでは、3打数3三振、1四球。「自信が確信に変わった」と表現した。久々の対決に、「早くこうなればいいと思っていた。すごく楽しみ」と、言葉を弾ませる。
 舞台が本拠地フェンウェイ・パークであることも、松坂の心を躍らせる。12年に開場した大リーグ最古の球場。最優秀投手に贈呈される賞の名称にもなったサイ・ヤング、ロジャー・クレメンスらの名投手がエースとしてそのマウンドを守り、「聖地とも言える場所」と思っているからだ。
 地元局などのテレビも、日本で対戦した様子の映像を織り込みながら、両者の激突が11日にあることを繰り返し告知。レッドソックスのフランコナ監督も、「面白い戦いになるだろう。松坂は自分をコントロールできている。イチローは先頭打者だし、アウトにしてもらいたいね」と期待を込めた。最後に対戦した2000年から7年の時を経て、新たな激闘が幕を開ける。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000087-jij-spo
posted by tonmin at 01:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
松坂大輔は、しっかりイチローをアウトにしましたね。
トラバありがとうございました。
Posted by lemon at 2007年04月12日 17:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。