ラオウの葬儀に著名人が参列。ファンも殺到!

 ラオウの死を描いた映画『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章』の公開(4月28日)を前に、連載当時には行うことのできなかったラオウの葬儀『ラオウ昇魂式』が、4月18日(水)に高野山東京別院にて行われ、多くのファンが詰め掛けた。

 北斗神拳を中国から伝えた弘法大師空海ゆかりの同場所で行うこととなった『北斗の拳』史上最初で最後の記念すべきセレモニー。この日は、あいにくの雨にもかかわらず、原作をリアルタイムで読んでいたファンやパチスロで楽しんだという若者までもが会場に駆けつけた。
 連載当時から見ていたというファンたちの中には「わが生涯に一片の悔いがないようにと思ったんです」、「今日はここに来るべきだと思った。あと、安らかにという言葉を掛けたいと思ったんです」といった並々ならぬ思いも。ご焼香の際には思わず涙ぐむ人の姿もうかがえた。
 また会場には葬儀委員長の谷村新司、映画でラオウの声優を務める宇梶剛士のほか、角田信朗、武田幸三、森下千里らが参列。宇梶は弔辞を務め、ラオウの遺影に向かって「自分の生き方を貫こうとしても立ち止まった時があった。その時にあなたの生き方に励まされた。僕はいつも一期一会を大切にし、その時のベストを尽くしたい。あなたの生き方はまさに僕の行き方と一致していた」と力強く述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000015-oric-ent
posted by tonmin at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39355624
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。