コースター事故 小河原さん、座席譲る 一家「順番代わらなければ…」

 「私たちの代わりに」…。大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」で起きたジェットコースター脱輪事故で、コースターの順番待ちの際、死亡した小河原良乃さん(19)=滋賀県東近江市=に列を譲られた家族がいた。1両目に乗車し、軽傷を負った大阪府松原市の男性会社員(45)の一家。産経新聞の取材に応じ「順番待ちを代わらなければ、小河原さんは助かったかもしれない」と複雑な胸の内を明かした。

 男性は5日午前、長女(16)ら3人の娘と一緒に来園。ほぼ毎年家族で訪れ、事故が起きた立ち乗り式コースター「風神雷神II」(6両編成)は「1回来れば2回は乗るほど好きなアトラクションだった」という。
 「風神」に乗ったのは6つの遊具で遊んだ後だった。「絶叫マシン」が苦手という三女(12)は乗らず、長女(16)と二女(14)の3人で列に並んだ。前には小河原さんの仲間とみられる女性2人が並んでおり、途中で小河原さんら4人が合流した。
 小河原さんらは友人同士で順番待ちのしばらくの間談笑しており、その後、男性一家の前に並ぶと悪いと思ったのか、一家に列を譲った。このため、一家は3人とも1両目に乗車。続いて小河原さんや友人が2両目に乗り込んだ。これが分かれ道となった。
 コース中盤のループを回り、急降下に差し掛かった際、突然「ガギガギ」という重い金属をひきずるような異常音が聞こえた。直後に、後ろの車両が自分たちが乗った車両にぶつかったような衝撃を感じた。
 「良乃ちゃんおれへん。どこ?」。一瞬の静寂の後、女性の悲鳴が耳に飛び込んできた。後ろを振り返ろうにも、安全バーが締まり身動きがとれない。首にも激痛があった。それでも振り返ってみると、2両目が横倒し、投げ出された女性がレール脇の点検用通路の上で横たわっているのが見えたという。
 「あのとき順番を代わらなければ、私たちのだれかが命を落としていた。同じ現場にいてなぜ私たちが助かったのか。命拾いをしたという思いよりも胸が痛い」。男性は複雑な心境をこう話す。8日午後に営まれる小河原さんの葬儀に出席しようとも考えたが、「遺族にどう対面していいのかわからない」と見合わせた。
 事故に遭遇した娘たちは見た目には元気そうだが、「心に深い傷を負ったかもしれない」と気掛かりだという。それでも「生かされた命を大切にしようと娘と語り合った。これから時間をかけてゆっくり事故のことを考えたい。そして小河原さんのご冥福を心からお祈りしたい」。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000027-san-soci
posted by tonmin at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41211400
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

2007/05/08
Excerpt: 漢字習得度 杉浦太陽さん 妊娠2か月 世界赤十字デー 日米通算2000本 ソガ隊員 コースター事故 GWボケ フランス大統領選挙 舞台降板
Weblog: サルログ
Tracked: 2007-05-10 00:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。