オバマ演説 ここがスゴイ!! 

サークルK・サンクスで
便利なカルワザカード

 民主党の大統領候補指名レースで、ヒラリーとデッドヒートを繰り広げているオバマ。評判なのは、彼の演説のうまさである。J・F・ケネディやキング牧師の“再来”などといわれているのだ。一体、どこがスゴイのか。
 翻訳家の菊谷匡祐氏は、“伝説”といわれている04年7月27日の民主党全国党大会基調演説の原稿を読んで驚嘆したという。 「オバマの演説原稿は、時事英語のような専門用語がなく、センテンスも短いので、とても分かりやすい。ロジックの展開も絶妙で、クラシックの協奏曲を聴くようにリズミカルに読めるのです」
 ジャーナリストの堀田佳男氏は、この演説を現地の会場で実際に聞いた。
「約5000人の民主党員がうっとり聞きほれ、中には泣いている人もいました。私も鳥肌が立ったほどです。『リベラルのアメリカも保守のアメリカもなく、ただ“アメリカ合衆国”があるだけだ。黒人のアメリカも白人のアメリカもラテン人のアメリカもアジア人のアメリカもなく、ただ“アメリカ合衆国”があるだけだ』という部分は、全米で繰り返し放送されて、オバマは一躍脚光を浴びました」
 菊谷氏(=前出)は、声の良さも魅力だという。 「音域に例えると、ローバリトン。いい響きで、とても心地良く、長く聞いていてもストレスにならない」
 演説力を磨く努力もしている。選挙コンサルタントの指導を積極的に取り入れているのだ。
「テレビCMで、短い時間でインパクトあるメッセージを伝えることを“10 Seconds Bite”と呼びますが、その訓練を熱心に受けて、演説の演出力を磨いたのです。ニューハンプシャー州予備選後の演説では、理念や政策を語る間に“Yes、We Can”を多用し、直後に間を置いていました。こうした巧みな抑揚のつけ方は、訓練で磨いたものです。敗戦を認める演説なのに印象に残りました」
タグ:政治
posted by tonmin at 22:28 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
TBありがとうございます。

いよいよ明日、山場のスーパーチューズディですね。
任期途中の小ブッシュには申し訳ないけど、次期のほうが気になります。
Posted by 甘木 at 2008年02月04日 15:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヒラリー、オバマ氏互角で歴史的激戦に
Excerpt: 米大統領選で民主、共和両党候補選びのヤマ場となるスーパーチューズデーの投票は5日夜に終了、即日開票された。8年ぶりの政権奪回を目指す民主党はヒラリー・クリントン上院議員(60)が大票田の地元ニューヨー..
Weblog: 千の天使がバスケットボールする
Tracked: 2008-02-07 22:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。